toggle
FC町田ゼルビア後援会オフィシャルサイト
2018-06-06

【ゼルビ屋コラム】ジョージタウン

「良質な音楽 と 良質なスポーツ は 美味しいお酒 がススム」

そう話してくれたのは、J3リーグ開幕の2014年、町田市玉川学園にオープンをした「ジョージタウン」のオーナー下田尚市さん。

「みんなが喜べる環境を大事にしたい」と運営するお店には、スピーカー、ターンテーブル、大型スクリーン、ダーツ(100円で遊べる!)が並ぶ。

美味しいお酒が飲める環境が整った。

こだわりのお酒は…
「アサヒスーパードライ エクストラコールド」「フリージングハイボール」のサーバー。さらに「キンミヤ焼酎」のボトルも並ぶ。

おつまみからガッツリ食事ができるフードメニュー。「タコライス」は野菜・チーズ・挽肉がたっぷり。ボリューム満点の一品。

ゼルビーが美味しそうに持っているのはジューシーな “鶏肉” のから揚げ(おい!食べるのか?!)

「自分の店がある街にJリーグチームがあることは特別に感じられる。」

ジョージタウンのオープンする前、下田さんは町田市内の和食料理店で働かれていた。
その頃から、FC町田ゼルビアの試合は観戦していた。

そしてジョージタウンをオープンした2014年、FC町田ゼルビアのスポンサーとなり、それから5年連続でパートナーとしてチームを支えている(2018年、FC町田ゼルビア後援会にも入会!!)。

Jリーグが開幕したとき、住んでいた福岡・九州にはJリーグチームがなかった。
そのこともあり「自分の店がある街にJリーグチームがあることは特別に感じられる。」と言う。

お店に飾られるFC町田ゼルビアのユニホーム

毎シーズン、シーズン終了後に購入している。
「シーズン中はサポーターのみんなに購入して欲しいし、お店に飾る用なのでサイズは選ばないから」と。

「町田愛」「ゼルビア愛」を感じられるお店で楽しい時間を。

スペシャルゲスト

インタビュー当日、撮影を盛り上げてくださったのが「あやまんJAPANユース」のお2人

「ぽいぽいぽい ぽぽいぽいぽぴー」を聞けば「あっ!」となる方も多いだろう。

お店のイベントに参加されたことをきっかけに、よく立ち寄っていると言う。
遊びにいったときに会えるかも?!

お店の紹介

ジョージタウン
東京都町田市玉川学園7-5-1 2階
玉川学園前駅の南口(改札を出て右手)より徒歩1分
階段を降りて右斜め上に見える、大きなHeineken(ハイネケン)の看板が目印!

サポータースタイル(ユニホーム・公式グッズを身につけて)で来店された方に「ゼルビ屋」特典!
もちろん、アウェイサポーターの方も大歓迎!

1)試合前日 or ゼルビア勝利から次の試合まで・・・
「ドリンク4杯目タダ」(700円以内)

2)ゼルビア引分 or 敗戦の場合は次の試合まで・・・
「店員さんとサイコロ勝負!勝ったら……特典の内容はお楽しみ!」

<ゼルビーをお店へ呼びたい方へ>
FC町田ゼルビアのパートナーのなかにゼルビーを呼べる権利がございます!
気になった方は、株式会社ゼルビアへお問い合わせください。

Interview by Nobutaka Sato
Text by Norihisa Nomoto
関連記事